現代文明への警鐘

本来の生活とは、理想的な生活環境とはいかなるものか。

自然の中で、楽しく、理想を追求し、余裕をもって暮らすことである。

 

自然とは木々や風水などの外面的環境だけでなく、食事や活動の在り方も意味する。

サプリメントや薬品に頼るのでは無く、毎日の食事には自然の力にあふれたものを選ぶ。

自動車で移動するよりも自転車、さらに可能なら徒歩で。

音楽も狭い場所の電気楽器や電気的設備の中ではなく、野外で生演奏を。

 

働きすぎず、暇すぎず。

自己の才能を生かして生活できる余裕のある社会。

そのためには一部の搾取と無駄を避けることである。

あまりのも貧富の差が大きすぎる。

すべてが商業主義である。儲かるかどうか、収支の成り立つかどうかが基本となっている。

 

商業主義ではなく、福利主義で。

人々の幸福を第一に考えることだ。