効率主義

世の中には採算の合う仕事とそうでない仕事がある。

その違いはカネを出す人がいるかいないかである。

カネをしたい、出せる人がいれば採算が合うように価格設定できる。

カネを出したくても出せない、しかしやらねばならない仕事は採算がとりにくい。

 

最近では災害時の自宅の修繕などがある。

当然、防災対策は公共事業として採算度外視で実施せねばならない。

 

医療については微妙である。

個人のことではあるが、重大な病気は個人では対応できない。

従って健康保険という相互扶助の制度を導入する。

これを採算が合うか、というよりも負担金をどう割り当てるか、が問題になる。

 

要するに世の中の事業は採算だけでは語れないということだ。

しかし「採算」には聖域がないかのような偏見がまだあり、苦労が絶えない。