薬の副作用

本日、ある製薬会社から訪問があり、胃潰瘍などの制酸剤に発がん性物質が検出され回収すると。

 

2,3年前に全国薬剤師会の会長から「石油化学工業薬品が生身の人の病気を治すには役不足」という趣旨の発言があった。

これは漢方を処方する医師から見れば自明のことではあるが、立場のある人が公に発言したことの意義は大きい。

 

実際に漢方では原料となる薬草を生薬という。

原則は自然な状態で繫茂する薬草を、採取時期を特定し、丁寧に処理し 

― 例えば何日間もの陰干しの後、水から沸騰させないで水を半量まで煎じ

生薬の薬効を損なわないよう苦心する。

 

人体は実に繊細、精妙に造り上げらている。

物質的存在として乱暴に扱うと故障する。

医学においても同じである。

ましてや精神神経疾患においてはなおさらである。

特に小児においては。